セミナー情報

時計 2023/9/25 アップデート 2024/2/27

【建設業界向け】脱炭素の取り組み状況や課題に感じていることは?アンケート調査で分かったポイントを解説!

この記事の監修

リバスタ編集部

「つくる」の現場から未来を創造する、をコンセプトに、
建設業界に関わる皆さまの役に立つ、脱炭素情報や現場で起こるCO2対策の情報、業界の取り組み事例など、様々なテーマを発信します。

「つくる」の現場から未来を創造する、をコンセプトに、
建設業界に関わる皆さまの役に立つ、脱炭素情報や現場で起こるCO2対策の情報、業界の取り組み事例など、様々なテーマを発信します。

建設業界の脱炭素に取り組む企業様にアンケート調査を行いました。

建設業界のICTソリューションを提供する株式会社リバスタ (本社:東京都江東区、代表取締役:高橋 巧、以下 当社)が提供する「CO2メディア」にて、建設業界の企業に所属の方57名を対象に、脱炭素に関する取り組みの実態調査結果を行いました。

調査結果のサマリー

建設業界の企業様に脱炭素の取り組み状況を伺った結果、1位が「削減目標を設定している(38%)」という結果となりました。また次いで2位が「これから取り組みを予定している(24%)」と回答されました。

また、脱炭素に取り組む上での課題感を伺った結果、「情報の収集(25%)」という結果となりました。その他、個別に脱炭素に取り組む上での課題感を伺った結果、「社内レベルで脱炭素に関する知見がないため、推進が難しい」などディレクション面での課題感もあることがわかりました。

以下、それぞれ調査結果を紹介いたします。

調査詳細

アンケート結果の全容

Q1.御社の脱炭素の取り組み状況に一番近いものを教えてください。

御社の脱炭素の取り組み状況に一番近いものを伺ったところ、38%の方が「削減目標を設定している」と回答しました。社内で削減目標を設定しており、現在も脱炭素に取り組み始めていることがわかります。

また、24%の方が「これから取り組みを予定している」と回答しており、約4人に1人が現在取り組み予定の段階だと確認できます。「CO2排出量算定・削減をしている(Scope1・2まで)」と19%が回答しています。

約5人に1人が社内でScope1・2まで、CO2排出量算定・削減に取り組んでいることがわかりました。

 

Q2.御社の脱炭素の取り組みにおいて、どこに課題を感じていますか?

脱炭素に取り組む上での課題感として、25%の方が「情報の収集」に課題があると回答しました。続いて「可視化・算定」が17%の方となっていますが、社内で脱炭素への取り組みを今後実施していく企業が全体の42%にのぼると考えられます。

 

Q3.その他、脱炭素に 関して気になる点

回答 これから知りたいこと
その他、脱炭素に 関して気になる点 CO2排出量の見える化が進んで、経営トップの意識の改革が必要である。 産廃の処理工程の排出量の集計について
各作業所の排出計画(床面積、構造等で排出されるCO2を想定する)及び施工途中の比較、改善の取り組み 費用対効果や取り組む意義
施工現場からの排出したCO2の算定は具体的にどうすればよいか 建設現場内での削減できることの情報がほしい
サプライチェーン含めた活動の見える化。Scope3をどのようにデータ収集するのかを課題としている。
社員のレベルが脱炭素って何って感じですので、推進していくのが難しい。

その他、自由回答の項目では「社内レベルで脱炭素に関する知見がないため、推進が難しい」等、社内の意識浸透も課題として存在することがわかりました。

また、建設業界の「施工現場におけるCO2の排出計画」について、どのように算定すれば良いのか等、具体的な可視化・算定方法についても課題があるとわかります。

Q1の回答でもあったように、Scope3への取り組みも各事業所ごとに測定することが難しく、どのようにデータ収集すれば良いのか課題としている声もありました。

アンケート調査結果から見る考察

建設業界における脱炭素への取り組みは、脱炭素へこれから取り組む段階の企業も50%程度存在することが確認できました。社内の脱炭素への啓発や情報収集に課題があり、どのように情報収集すれば良いのかわからないと、25%の企業担当者の方から声が上がっています。リバスタが運営するCO2メディア(https://co2media.rvsta.co.jp/)では、建設業界に特化した脱炭素メディアとして、情報収集が簡単にできるように運営をしております。

また、Scope1、2に取り組んでもScope3に対応することは、ステークホルダーや全国にある事業所の連携・協力も必要となるため障壁があります。株式会社リバスタでは、脱炭素に関するセミナー(https://co2media.rvsta.co.jp/category/service/)も開催しており、2024年には建設業界特化の脱炭素・CO2コンサルティングも提供予定です。

調査概要

調査対象 :建設業の脱炭素に関心が高い企業所属の方

調査方法 :脱炭素入門セミナー後のアンケート調査

調査期間 :2023年5月29日〜7月19日

サンプル数:44社(57名)

 

建設業界では、入札段階や工事成績評点で施工時や竣工後の建築物においてCO₂排出量の削減が評価され、加点につながる動きが生じています。また、建設会社からCO₂排出量を開示し削減方針を示さないと、発注者であるディベロッパーから施工者として選ばれにくくなる状況も起きており、建設会社にとってCO₂排出量の管理・削減は喫緊の課題です。 リバスタでは、建設業界のCO₂対策の支援を行っております。新しいクラウドサービス「TansoMiru」は、建設業界に特化したCO₂排出量の算出・現場単位の可視化が可能です。 ぜひこの機会にサービス内容をご確認ください。

お問合せはこちら

本ウェブサイトを利用される方は、必ず下記に規定する免責事項をご確認ください。

本サイトご利用の場合には、本免責事項に同意されたものとみなさせていただきます。当社は、当サイトに情報を掲載するにあたり、その内容につき細心の注意を払っておりますが、情報の内容が正確であるかどうか、最新のものであるかどうか、安全なものであるか等について保証をするものではなく、何らの責任を負うものではありません。

また、当サイト並びに当サイトからのリンク等で移動したサイトのご利用により、万一、ご利用者様に何らかの不都合や損害が発生したとしても、当社は何らの責任を負うものではありません。

お問合せ